繁盛する店は、それなりの経営努力をしています。
売れ筋商品を揃えたり、どの年代にはこれが良いとか。それらのデーターを揃えるにはどうしたらよいのか。そんな時に役に立つのがPOSレジです。

大多数の商店は導入しています。



買い物して商品と一緒にレシートを渡されると思いますがレシートに商品名と代金が記載されていると思いますが、このレジで商品バーコードを読ませることで、瞬時にレジで商品名と代金をインプットさせます。

かつては電卓やそろばんで商品代金の計算をして、時間がかかっていましたが、これを導入することで会計時の時間が大幅にカットすることができます。

また、商品代金の他にもどの商品が売れているかという情報も記録されます。

つまり、売れ筋商品を多く入荷して、売れない商品は入荷しないという、仕入れでの無駄をカットすることができます。

POSレジ情報を参考にしましょう。

また、あのレジには年代と性別のボタンがあります。


お客さんには見えていない所で操作していて会計時に一度レジのボタンを押してから会計作業に移っているのはこの為です。

これは、どの世代にこれが売れているとか、どの性別にはこれが売れているかというのがわかります。

朝日新聞デジタルの情報を見つけよう。

特にPOSレジは、大手コンビニチェーンに導入しています。

赤字を無くして黒字に持っていく、それが狙いです。


最もコンビニに限らず個人経営の商店でも、POSレジを導入する傾向があり、これも売れない商品を無くして売れる商品を入れて黒字に持っていくのが狙いです。