POSレジと言うのはレジシステムとタブレットやバーコードリーダーなどのハードウェアを組み合わせる事でお店の中での集計処理をリアルタイムに行う事が出来るもので、スーパーなどのお店や飲食店などで導入しているケースが多くなっています。


因みに、POSレジのPOSと言うのはPointOfSaleの略語であり、略してPOSと言った言い方をしています。

いろいろなlivedoorニュース情報を集めているサイトです。

POSレジは作業効率における削減が可能になると言ったメリットが在りますが、お店によりレジシステムは様々となるため、どのようなシステムを導入するのかにより価格も変わります。

スーパーなどでは商品に付いているバーコードを読み取るためのバーコードリーダーが必要になりますが、飲食店などの場合は料理をオーダーするためのタブレット端末などが必要になるため、バーコードリーダーの価格やタブレット端末の価格も併せて考えておく必要が在ります。



尚、飲食店の中にはお店の従業員が注文を受けるのではなく、お客さんが自らオーダーが出来るセルフオーダーシステムを採用している所もあり、既存のPOSレジとの連携が可能になると言ったメリットを持つ製品も在ります。



この場合は、従業員がその都度お客さんのテーブルに行って注文を取る必要がないため、オーダーと言う業務を行う必要がなくなります。

そのため、従業員の作業効率などにアップにも貢献させることが出来ますし、お客さんが使いやすいセルフオーダーシステムを導入する事で、口コミなどでお客さんを増やせるなどのメリットにも繋がります。