レジスタは、会計を行うさいに販売時の取引を記録するための機械であり、多くは現金の収納を兼ねているものです。


レジスタは単体では内部に記録したりレシートに印刷することで販売管理をするものです。



一方で、一定規模のお店になると販売時点情報管理がされているのが一般的です。
販売時点情報管理はposとも呼ばれ、バーコードや商品番号を記録することで商品の売上を自動的に集計するものです。

NAVERまとめ関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

posシステムに対応したレジスタはposレジとも呼ばれ、普段買い物をしているさいにはよく見かける装置になります。


posレジのメリットとしては、バーコードの読取機が付いており、それによって自動的に商品の会計処理が行われます。

一方で近年はレジスタ型のposレジではなくタブレットを使ったものも登場しています。一般的にposシステムが使われるレジスタはレジ台などをセットにして1台あたり30万円以上するのが一般的です。

さらにposシステムを運用するためのイニシャルコストやランニングコストが必要になります。

一方でposシステムを用いたタブレットではクラウド型で提供されるシステムを利用して会計処理を行うというものです。



タブレット端末そのものは比較的安価ですし携帯性に優れた小型のものもあり、飲食店などでオーダーを入力するといったこともでき、会計処理をスムーズに行うことができます。

またレシートの印刷は印刷機を使えばできますし、現金の収納なども専用の容器が用意されています。